「W杯イヤーは毎回同じ青を使用してきており、これだけ濃い色を採用したのは初めて」という2018年ロシアワールドカップモデル サッカー日本代表のW杯ユニホーム。
コンセプトは「勝色(かちいろ)」。その勝色の上にこれまた日本の伝統である歴史を紡ぐ糸をイメージした刺し子柄が施されている。2018年は、初出場を果たした1998年フランス大会から20年を迎えた節目の年であり、これまでの日本サッカーの歴史を築いてきたあらゆる選手やスタッフ、サポーターたちの思いを紡ぎ、ロシア大会へ挑むというメッセージを表しています。

【予約/11月13日発売】 JP78 アディダス サッカー日本代表ホーム オーセンティックユニフォーム
⇒詳細はこちら