浅草の職人技が作り出す、繊細な絵画のような革小物。型押しの白革に鮮やかな花菱柄が映える長財布です。

東京都台東区に工房を持つ<浅草文庫>の革小物は、文庫革と呼ばれる白くなめした播州・姫路の革を使用。友禅の技法を駆使し、色鮮やかな絵柄に合わせて、複雑かつ立体的な型押しを施す職人の技の世界。日本の枠を感じる一品に仕上げられています。贈り物にも好適な桐箱に入れてお届けします。

⇒詳細はこちら