パックTeeのブーム再来の火付け役となった「Velva Sheen」。
いまやパックTeeは数多くありますが、近年ブームの火付け役となったのは他ならぬこのVelva Sheenなのです。

アメカジブームとなっていた1980~1990年代にかけて赤ラベル・青ラベルの某大御所ブランドを筆頭に、様々なパックTEEがブームを起こしました。
しかし、しばらくするとパックTeeの存在は陰りを見せ始め、世間に忘れかけた存在となっていきました。(勿論パックTeeはずっと存在していましたよ!)
それから20年以上が経過し、しばらく日の目を見ることが無かったパックTeeがついにVelva Sheenの復活とともに日の目を見ることになったのです。
そのパッケージの風貌は古き良きアメリカそのもので且つ現代には新鮮に映り、これだけでも人々を魅了します。
ですが、肝心なのはその中身。いくらアメリカっぽさ演出しても、開けたらアメリカ製ではなくがっかりということも今のパックTeeにはちらほら。
しかし、そこはVelva Sheen、期待を裏切りません。
絶対的なMade in the U.S.A.を全面に押し出しつつ、様々な人々を魅了するディティールが満載なのです。
一度身に着けたらはまってしまうこと間違いなし、Velva Sheenならではの良さを十分に堪能してください。

ten-003