糸作りの最初の工程でウールファイバーの縮みや変形を防ぐ防縮加工を施しています。この縮みやすい糸を低速で編み立て前セット(ホフマンプレス)をして編地を安定させます。風合いを出すソーピング加工後、更にもう一度セット(ホフマンプレス)を行うようにしています。ここまで手間をかけることで、洗っても縮みにくい、編み目のそろったセーターがお届けできるのです。

⇒詳細はこちら