表地と同色の裏地・ワッペンにすることで、色味を抑えた派手すぎないデザインに仕上げています。

無地のものでは少し物足りない方へお勧めです。