アピール画像

『出雲のご神木ブレス』は、出雲大社の聖域とされている北山で育った黒松を使用しています。 聖域の木は「ご神木」と呼ばれ、神様の依り代(よりしろ)となるもの。つまり、神秘的な力が渦巻く地で育っただけでなく、その木自体に出雲の国の縁結びご利益が宿っているとされているのです。
ご神木は基本的に伐採されることはありませんが、『出雲のご神木ブレス』では森林整備のため切り出されることとなった黒松を使用。 これは、出雲大社の大遷宮にも参加した木挽(こびき)と呼ばれる伝統職の手によって伐採されたもので、由緒正しい方法で切り出された、稀少な銘木といえます。

⇛詳細はこちら