生地は素朴な紬地に、絣模様の上品な風合い。和粋庵ブランドのロングセラーで春から秋向けの綿100%の作務衣。

たてスラブは、先染め(糸を染めている)に対し、絣紬は、後染め(抜染・布を染める)して仕上げます。その風合いから漂う気品、高貴さ、優雅さ。

男女どちらからも人気の作務衣です。

日本の職人が1枚1枚丁寧に仕上げた、父の日やその他のギフトにも喜ばれる高級作務衣です。